FANDOM


リチャード・ウォーシャック(Richard A. Warshak ,1949年12月18日-)、著名なアメリカの臨床心理学者である。[1]離婚 、親権片親疎外の分野における専門家として国際的に知られている。

「親権革命」(The Custody Revolution)、『離婚毒』の著者としても知られ、アメリカでの家族法改革に関するホワイトハウスの顧問も務めた[2]Template:節スタブ

教育 Edit

1966年ブルックリンのMidwoodの高等学校を卒業し、1971年にコーネル大学から学士号を取得。1978年、テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンター (旧UT健康科学センター)で博士号を取得、2008年に臨床心理学の分野で著名な卒業生賞を受賞。現在、ユタ州南西部での精神科で心理学臨床教授を務める。

書籍 Edit

  • 『離婚毒―片親疎外という児童虐待』 – 2012/5/15R.A.ウォーシャック (著), 青木 聡 (翻訳) ISBN 9784414414479

片親疎外 Edit

Template:節スタブ

参考文献 Edit

  1. PBS(2006).
  2. PBS(2006). Kids and Divorce: For Better or Worse.

外部リンク Edit

Template:Normdaten

Template:デフォルトソート:うおしやつく りちやあと

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.