FANDOM


破綻

民法

(裁判上の離婚)

第770条

1 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

2 裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

関連 Edit

  • 有責主義

有責主義とは、破離婚に際して、夫婦間のどちらにその原因があるか?という事を追求し、有責配偶者(離婚の原因を作った側、例えば浮気をした側)からの離婚請求を認めないという原則です。この「有責主義」はアメリカ・日本の裁判においても古くから採用されており、昭和62年に最高裁で判例が変更されるまで、裁判所の基本的な考え方でした。

  • 破たん主義
    • 消極的破たん主義
    • 積極的破たん主義

破綻主義とは離婚の原因がどちらにあるか(有責主義)?という考え方に対して、そもそも、夫婦関係を継続させていくことが可能なのかどうか?
夫婦の関係が破綻していないかどうか?また、破綻しているのであれば、離婚の原因の責任がどちらにあろうとも離婚を認めるべきではないだろうか?という考え方です。

  • 破綻させ主義[1]

離婚の原因があろうがなかろうが、破綻していようがしていなかろうが、それらに関係なく、連れ去り・引き離し容認して、家庭を破壊してしまおうとする日本の裁判所が行っている考え方。

出典 Edit

  1. 破綻させ主義への転換 みどり法律事務所 後藤富士子弁護士 2014年12月

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.